当店では、地元横浜を流れ、桜の名所として知られる大岡川沿いの桜を使って染めた着物や帯を制作しています。また、それ以外にも桜を描いた着物や帯を多く制作しています。
桜染めの紬や、バッグ、ショールは在庫がございます。

2018年4月22日のNHK『小さな旅』で、当店が制作を続けている桜染めの着物が特集されました。

2019年1月18日の朝日新聞の朝刊でも特集いただきました。
https://www.asahi.com/articles/ASM1J53STM1JULOB00C.html

桜染めの着物や帯2009年に伐採木再利用プロジェクト『桜の記憶』で頂いた桜の枝や木を使い、染めたものです。
2019年6月に新しい桜染めの着物を発表予定です、お楽しみに。
詳しくは下記の画像からリンクに飛んでください。

大岡川の桜染めの着物

このページではそれらの作品をご紹介していきます。

大岡川の風景を描いた訪問着

 

大岡川の桜を描いたの振袖

 

枝垂桜を描いた大岡川の桜染め名古屋帯

大岡川の桜で染めた帯に山帰来

 

大岡川の桜で染めた帯に相良刺繍

大岡川の桜で染めた染め帯(NHK小さな旅紹介品)

桜の木を描いた名古屋帯

大岡川の護岸に生える桜の染め帯

https://kurumaya.tv/kurumaya-product/kyouyuzen-sakura-obi

京友禅の桜の染め帯

大岡川の桜を使ったバッグ