おはようございます。
今日は、昨日紹介した流水に松の付下のコーデです。

今回は名古屋帯を合わせてみました。色数が少なく、シンプルな簿で、合わせる帯を探すのが難しかったです。

左は、西村織物の9寸名古屋帯。

曲線の模様とモノトーンの色使いなので、着物の雰囲気を壊さないと思い、合わせました。

もうひとつは、服部綴れの八寸名古屋帯。


袋帯が生まれる前は綴れの帯を礼装に合わせていました。

横段も洋画着物の模様と対照的ですが、落ち着いた雰囲気なので合わせてみました。

ログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村