おはようございます。今日は桜染めの着物の前柄です。
護岸から生える桜の木と、川面の桜の枝を描いてもらいました。

こちらは、お太鼓と同じように護岸から生える桜の木。

もうひとつは、川辺にたれる桜の枝と、川を流れる桜の花びらを描いてもらいました。

名古屋帯の前柄は、右巻き、左巻き どちらにも対応できるように、両方に柄がある事が多いです。お客様のお誂えで作成する場合は、どちらか片方だけ、や、柄の位置の調整も出来ます。

ブログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。

にほんブログ村