着物のお手入れの頻度

おはようございます。

よく質問を頂くのが、着物をどれぐらいの頻度でお手入れしたら良いかという事です。

着る度にお手入れに出すのは、費用もかかるけど、お手入れしないで汚れたままなのも。。。という難しい問題ですよね。

当店の結論からいうと、着用したお着物はシーズン終わりにはお手入れに出したほうが良いです。

留袖・振袖・訪問着など、次回着用時期が決まっていない着物→着用後なるべく早くお手入れ

小紋・紬など、シーズンに何度か着用する予定がある着物→シーズンが終わったらお手入れ

汚れは年数が経てば経つほど落ちにくく、費用もかかります。結果的には、早めに持ってきたほうが良かった場合もかなり多いです。

もちろん着用時の汚れ方にもよりますが、シーズンの終わりには汚れを落とす事で、長く着物をお召し頂けます。

お手入れをする際は、丸洗いではなく部分的なお手入れ(衿、袖口、汗抜き)で充分です。

衿や袖口は肌と触れやすいため、どうしても汚れがつきやすい部分です。
衿はお顔に近いこともあり、皮脂だけでなくお化粧の汚れも付くので、お着物を着て出かければ必ず汚れます。

写真は極端な例ですが、折りたたんだ真ん中の部分に汚れの筋ができます。

袖口は八掛が黒ずんできます。
織り目を少しずらすとよく分かります。

もちろん、多少の汚れは気にしない という方もいらっしゃると思いますが、気に入っているものや、思い入れのあるお着物はお手入れをオススメします。

ブログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村