おはようございます。
気付けば3月、桜の時期もすぐそこです。

今日は、後染めの牛首紬のご紹介。

石川県の白山市で作られる牛首紬は、玉繭と呼ばれる特殊な繭からひいた糸を手で織られ作られます。

現在の製造元は2社しかありません。

紬なので、糸を染めて織られる事が多いですが、こちらは蒔糊(まきのり)と呼ばれる技法で、細やかな模様を染めています。

この白だったり、ピンクだったりする部分が蒔糊で染めた部分です。
人間国宝だった、森口華弘さんが得意としていた技法です。

ブログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村