おはようございます。
男の着物展も本日まで。
普段よりも多く品物が揃っていますので、ぜひお立ち寄りくださいね。

今日は『羽裏』のご紹介。

着物に限らず、男性には、『裏勝り』という言葉もあるとおり『見えない、目立たないところにこだわる』オシャレがあります。

江戸時代、いわゆる贅沢禁止令がだされ、おおぴっらに派手な装いができなくなって、それでもなお『おしゃれがしたい』、そうしてこだわったのが長襦袢や羽裏など、見えにくい部分のオシャレ。

現代では、表地もオシャレにして頂きたいのですが、自分だけが知っているオシャレも良いものです。

幅広の生地に書いた額裏(がくうら)

オシャレな変わり市松模様

水墨画調の裏地が多い中で、ひと際オシャレ、あまり見せる機会が無いのが残念です。

東海道の地名を猫とともに染めた裏地など、色々とあります。

よくみるとご近所の地名も。

お好きな柄を0からあつらえる事もできますので、ぜひご相談下さい。

ブログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村