おはようございまます。

毎日暑いですね、皆様も熱中症にはお気をつけください。

今日は、昨日と同じシリーズの浴衣。
地色の選び方や、柄の出し方など共通点が多いですね。

大人ピンクの地色に菖蒲を染めた浴衣

綿紅梅の生地に、落ち着いたピンクを染めて、菖蒲の柄を白抜きで描いています。
菖蒲は全長も長いのでかなり、意外とすっきりとした柄行きになっています。

紅梅の生地は、良く見ると格子模様の出っ張り?があります。この部分は必ず木綿の糸を使っています。
他部分の素材によって、呼び名が変わります。

昨日の綿絽と違い、紅梅生地は綺麗に柄が染まりやすいので、チューリップより細かい菖蒲の柄を染めたのかもしれません。
博多の八寸などを合わせて、夏着物としてもお召しいただけそうですね。

ブログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

<