女性の着物


『着物に興味はあるけど、どんな着物があるのかわからない。』という声を頂いたので
女性の着物の種類・着用シーンをまとめてみました。


黒留袖・色留袖


既婚女性の礼装である黒留袖と色留袖。
どちらも裾部分に鮮やかな絵羽模様が描かれています。

黒留袖は、結婚式や披露宴で新郎新婦の母親や仲人の方が着用しています。
色留袖は、お宮参りや七五三、パーティーの主催者が着用します。


振袖


未婚女性の第一礼装である振袖。その名の通り、袖部分が長く、全体に華やかな模様が描かれています。

成人式で着用するイメージが強いですが、結婚式・パーティーへの参列などにも着用できます。
鮮やかな色、柄で場が賑やかになるので、着用される方が増えてきています。

bsKC150922207342-min


訪問着


裾と肩口に描かれた絵羽模様が特徴の訪問着は、既婚・未婚を問わずに着られる一着です。

パーティーへの参加や友人の披露宴の参加、観劇などに着用できます。

DSC_2696-min


付下(つけさげ)


訪問着と同じく肩口と裾部分の柄が特徴の付け下げ。

ちょっとしたお出かけから入学式まで幅広く着られます。


小紋


同じ柄を繰り返し染めた小紋。

繰り返し染めると言っても、柄のの色や大きさで着物の印象は違ってきます。
お好みの一着を見つけてみませんか?

Pink shibori 5-min

 


紬(つむぎ)


古くからオシャレ着として親しまれてきた紬。

ところどこりにある節が良い味をだしています。

IMG_0035-min