おはようございます。
更新が遅れすみません。
何やらスマホの調子が悪く、更新が遅れました。

今日は先日京都に行った時に伺った大原和服専門学校の様子。

奈良にあるこちらの学校は、染物や織物、仕立てなど、和服に関する事を学ぶの専門学校です。
こちらで着物の仕立ての話を伺って来ました。

 

こちらは染めの授業を行う教室。
真ん中にかかっている青い反物が、生徒が作成している着物です。

こちらは織の教室。

全国の色々な織の勉強を実際に織ながらしています。

そしてこちらが仕立て。

奥のほうで先生から色々な事をならっているところです。

こちらの大原和服専門学校は、百貨店や呉服店のお仕立ても卒業生が担当しているので、色々な素材、柄の着物が集まってきます。それを生徒のうちから見られるのが良い点ですね。

 

着物を作る職人さんの高齢化や減少は皆さんもお聞きした事があるかもしれませんが、それは着物の仕立ても同じ。
和裁士さんも、ものスゴイ数で減っています。
こちらの専門学校でも、生徒数は全盛期の1/10になったそうです。

仕立ては着物を着るためには欠かせない大事な仕事、和裁に関わる人を増やし、技術を習得してもらうためにどの様な取り組みをしているのか、じっくりお話を伺いました。

着物を作る人、仕立てる人、売る人がうまく繋がり、連携してこそ良い着物や帯ができるという思うので、しっかりと信頼関係を築き、【着物を着てみたい!】と思ってもらえる様な衣装を作って行きたいですね。

ブログランキングに参加中です。ワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村