おはようございます。
 
米沢研修の最後は、主に帯を織っている近賢織物さんへ。
 
社長の近藤さんは米沢の機屋のリーダーで、とにかく色々な事にチャレンジされている方です。
 
帯でも、ラメ糸を織り込んだり、今までにない色のものを織ったり。
角帯でもかなり細かい柄のものを織っています。
 
こちらは、お祭り用のお揃いの帯。
 
通常、織の帯の別注は、かなりの量が必要なのですが、近賢さんは少ない量から受けてくれます。
 
 
もちろん、その分 値段が多少高くなるのですが、それでも『どうにかして出来ないか』と考えてくれるので非常に心強いです。

ブログランキングに参加中です。ワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村