おはようございます。
年の瀬も近づいていますが、納品や年明けの催事の案内の入稿などでドタバタとしています。

今日は、袋帯の紹介。
西陣の老舗、服部織物の『変わり花菱』です。

服部織物の変わり花菱
菱型模様の中に花があるので、『花菱』。
菊の花があると『菊菱』と呼ばるので、中にある柄によって呼び名が変わりますが、着物や帯では定番の柄です。

同じ柄の繰り返しの柄は、一つだけ見ているとにぎやかでも、全体を見るとスッキリして見えますね。

この帯は等間隔で金糸が菱形に織り込まれていますが、それが目を引きます。量は多くありませんが、このお陰で地色の軽さを中和しています。

地色は薄いピンク、黄色、緑の3つで、どれも透明感のある色目で、黒留袖などに合わせると地色が映えそうです。

他にも以前紹介したした水色の葵の訪問着にも合いそうです。

ブログランキングに参加中です。ワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村