おはようございます。
昨日に続き、三風魯の本袋帯の紹介です。
今回は、シックなタイプです。
柄は、大胆な真ん中にある唐花文両端と両端の菊唐草の献上模様のバランス良く織られています。

柄もさることながら、こちらの帯は本袋と言われる、筒状に織られた帯です。
帯の端の縫いこみがいらない分、薄くて、軽く、また、表と裏の生地が同じため、手触りがとても良いのですが織るのが非常に難しい帯でもあります。
 
ぜひ、一度店頭で、帯を触ってみてくださいね!

ブログランキングに参加中です。ワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村