おはようございます。
今日は単衣向きの江戸小紋を仕入れてきたのでその紹介を。
万筋に、手描きで舛を描いた江戸小紋です。

この万筋は地色にベージュを染めた後に、糊置きをしているので、落ち着いた水色になっています。
また、ところどころに枡を重ねた柄が手描きで描いてあります。
この柄があることで万筋が粋になりすぎず、お召しになりやすくなります。

地色に色を染める、小さな柄を描く、どちらもありそうでなかった、少し新しい感覚の江戸小紋、単衣の時期にいかがでしょうか?