おはようございます。
今日は珍しい着尺の紹介。

ざざんざ織りという、静岡県の浜松で織られている着尺です。

ざざんざ織の着尺

おそらく銀座の有名店でも持っているところはほとんど無い紬です。

ざざんざは「颯々」とも書き、松風の音を表現したところから名づけられました。

玉糸と呼ばれる節のある生糸を、手染め、手織りで作られますが、現在織っている所は1件のみで、着物や帯はほとんど織られていません。

お店にあるのは青と黒の縞模様の着尺。

かなりずっしりとした風合いなので、着物なら単衣に仕立てるのが良さそうです。

厚手の反物と比べてみましたが、それでもかなり厚い事がわかります。

ブログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村