おはようございます。
今日は、先日紹介した加納知之先生のうさぎの付下に、捨松さんの袋帯を合わせました。
加納知之のうさぎの付下コーデ

写真は付け下げの前身頃の部分、柄は多目ですが、一つ一つが小さいので、そこまで重い感じではありません。

合わせた帯は『カシミア紋』と名づけられたもの。
あえて模様を真ん中にはおかず、半分はシンプルなデザインにしてあります。
捨松の袋帯 カシミヤ紋
右側の模様はそれなりに細かく、色数も多いですが、帯全体を見るとバランスよく、すっきりとして見えます。

単に、海外の生地や文様を真似るだけでなく、和装に合うように、そして現代の街に調和するようにデザインをされているが捨松さんの特徴です。

ブログランキングに参加中です。ワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村