おはようございます。

先日、京都に出張した一番の目的、それは『洛風林』さんの帯を仕入れる事。
洛風林さんは雑誌などには掲載される事は多くありませんが、真摯に物づくりに向き合う姿勢とモダンなデザインが素晴らしい帯問屋さんで、白州正子さんを始め、多くの著名人にも愛されていきました。

洛風林さんの一番の特徴は、その信条『真実に美しいものは常に新しい』という言葉に表れています。
古今東西、様々な染織品、工芸品から落とし込まれた帯の柄は、決して古さを感じさせる事なく、現代の街並み・着物と調和し、着る方の魅力を引き出してくれる そんな帯を作られています。

今回持ち帰ったのは、『花十字』と名づけられた帯。

このような模様の帯を取り扱うのは当店でも初めてです。
柄はいわゆる六通で、多少の上下してもしっかりと出ます。

青、緑、茶と濃い色を使いながらそれが喧嘩せずに上手くまとまっています。

私の写真と文才では、うまく表現できませんが、当店の好きな江戸小紋や飛び柄の小紋にピッタリです。
明日からはコーデをご紹介したいと思います。

ぜひ実物をご覧になりにいらしてくださいね。

ブログランキングに参加中です。ワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村