おはようございます。
今日は、お悔やみの席・お通夜などに使う帯。

一般的には黒共帯ですが、色が濃く、光沢があるため帯が浮きがちです。

黒の着物に合わせる場合はそうでもないのですが、色無地や江戸小紋と合わせると帯が目立ってしまいます。

素描で蓮を描いた帯を作りました。

お悔やみの席合わせる名古屋帯
地色は紫よりのグレーで、色を極力使わず、トーンを抑えました。

前の部分にも小さな蓮をあしらいました。

右巻き、左巻き、どちらでも締めて頂ける様に、両方に柄が入っています。

お通夜や三回忌などお悔やみの席に向けで、色無地や江戸小紋にも溶け込み、変に目立つ事がありません。

このほか、帯揚げや帯締め、草履なども店舗においてありますので、お困りの際は、お問い合わせ下さい。

ブログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村