裂き織りの角帯


先日ご紹介した『裂き織り』。

着物や帯を細く裂いたものを、織る技法です。
元になった着物の柄を生かしながら織れるので、形見分けや思い出の詰まった着物を、着られる形にリメイクできると人気の技法です。

今までは、名古屋帯のみだったのですが、今回、角帯も出来るようになりました。
男性の角帯といえば、博多織が有名ですが、この裂き織りの帯も一度締まると緩まない、仕上がりになっています。