パステル調の袋帯で


今日の一枚は、昨日の写真のお客様が締めていた琴糸織の帯です。
お琴の弦に使われる糸は、以前は絹が主流でした。その絹も強度を出すために、特殊な製法で撚られた糸を使います。
その生糸を帯に使用したのが、まいづるさんの琴糸織。琴糸を入れる事で生まれる模様の立体感が特徴です。
今回のお出かけでは、変わり結びにしてみました。
明るめの地色と模様が、着物ともぴったりあっていますね。