おはようございます。
今日は、お正月にピッタリの名古屋帯。

『爪搔き本綴れ』と呼ばれ、爪で糸をかき寄せて、一本一本織られます。独特のハリと柔らかさは、爪搔きならではです。

袋帯が無い昔から、最高峰の帯として締められてきた爪搔き本綴れは、礼装用に合わせることもできます。

今回は、シンプルなグラデーションを施し、色々な着物に合わせやすい様に。

帯心を入れないので、盛夏以外のシーズンにしめられるのも、気温が高い今には心強いですね。

江戸小紋や付け下げにピッタリで、お正月の新年会などにいかがでしょうか?

ブログランキングに参加中です。ワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村