おはようございます。
今日は、この前紹介した桜の染め帯を江戸小紋とあわせてみました。

染め帯の品の良さやお太鼓の柄行を考えると、付け下げや江戸小紋辺りが合いそうです。

小紋でも、飛び柄だとごちゃごちゃせずに良いかも知れません。

今回はこの前紹介できなかった前の柄も。

右巻き、左巻き どちらでも使えるようになっていますが、柄の量もかなり多いです。

金を使った花びらがアクセントですね。

合わせた江戸小紋は、万筋に雪輪をあしらったものです。

縞模様の江戸小紋は、粋になりすぎてしまう事がありますが、模様を入れる事でそれを防ぎ、上品な雰囲気を出しています。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村