おはようございます。
昨日は午後から展示会めぐりに。
代官山でずっと気になっていた作家さんの個展を見た後に、六本木の国立新美術館で開催されている国展に。

三越で開催されている伝統工芸展とはまた違った作風の着物や帯が見られます。

私がいつか仕入れたいと持っているのが、森田麻里さんの型絵染。


白地にカラフルな花々が染められた帯地。
ところどころにあるオレンジ色が気に入ってます。

この他にも、染、織ともに魅力的な作品がたくさんあります。
同じ型絵染でも雰囲気ががらっとちがう作風のもの。

こちらは首里花織の生地。
色合いと模様が近代的な感じです。


14日までの開催ですのでお時間のある方はぜひ足を運ばれてみてください。

ブログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村