おはようございます。

今日は、珍しい大島紬のご紹介。
『都喜ヱ門』というブランドで、まるで絵画の様な模様を絣で表現している大島紬です。

大島ですので、糸を先に染めてから、経糸と緯糸を丁寧に織り上げ、反物になっています。
1000本以上の経糸と、数万本の横糸をすべて計画通りに織っています。本来絣ですと、このぼかした雰囲気を表現するのが苦手ですが、技術により、まるで絵画のように仕上がっています。

口では説明できても、実際にこれを織るとなると、その労力には脱帽です。

以前に、貯蔵されている美術館からお借りしたものですが、現在ここまで細かい絣は織ることができず、非売品になっているものがほとんどです。

また何かの機会に借りれたら良いなと思います。

ブログランキングに参加中です。ワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村