おはようございます。
今日は年内営業最終日です。

写真は、龍村美術織物さんの『厨子透彫文』。

龍村美術織物の厨子透彫文の袋帯

『厨子透彫文』は『ずしとうちょうもん』と読みます。
読み仮名がわかっても、いまいち意味が分かりません。。

調べてみると、この文様は飛鳥時代の仏像の光背からとった柄で、龍村さんの中でも、定番の柄のようです。光背というのは、仏像の背後についている装飾の事です。

そう言われてみると、こんな柄が仏像の背後にあったような気も。。

金糸をふんだんに使っていますが、ところどころにでてくるピンク色が柔らかい印象です。

ブログランキングに参加中です。ワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村