【裂き織の帯】


桐生、高崎に産地見学に着ています。
裂き織の帯を織っている高光織物さんへ。
裂き織は、着物や反物の生地を裂いたもの織って帯にする技法です。
着なくなった着物や、形見の羽織などの元の色をいかしながら、帯にしていきます。
写真の上の生地が元の生地、下の帯が、上の生地を織り込んで織った帯です。

元の生地と一緒に黒や白の生地を織り込むことで帯の雰囲気を変えることも出来ます。また、元の生地にシミがついていたり、弱っていても帯の材料になりますので、思い入れのある着物でお悩みの方には、おすすめです。

当店でも見本がありますので、お気軽にお声がけください。