おはようございます。
ついに当店オリジナルの風呂敷が出来上がりました。

横浜の捺染で商品を制作・販売しているAMONGさんにお願いしました。

横浜は、手捺染(シルクスクリーン)で染められたスカーフの一台産地で、20年ぐらい前は、いたるところに捺染工場がありました。

私の小学生の頃は、課外授業で捺染工場に見学行った事を覚えています。
お店を継いでからも、横浜の捺染技術を使って何か商品を作りたいと思っていたので、とても嬉しいです。

今回の柄は、『桃栗3年柿八年』。

桃栗3年柿八年の風呂敷
しっかり見ると、ちゃんと桃と栗と柿があります。

AMONGさんの柄は、単なる模様でなくメッセージが込められています。
桃栗の意味は、その実がなるまでそれ相応の年月がかかるのだから、じっくりあせらずに。

私も一人前になるまで時間がかかるので皆様も暖かく見守ってくださいというメッセージ笑

では無く、小さいお店ですが、こだわった品物を少しずつ集めていきます。という意味です。

大きさは二つ折りのたとう紙がっすっぽりと入る105cm四方。

写真は、下に厚紙で、三枚たとう紙を重ねていますがすっぽりと包めます。

色は汚れの目立ちにくく、男性にも持っていただける様にネイビー&グレーです。

お求めは店頭、もしくは https://kurumaya.official.ec/items/11807492 よりお願します。

ブログやHP内の商品についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

ブログランキングに参加中です。下記のバナーをワンクリックをお願します。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村